運転の超初心者が怖さを克服するのに役立つ方法

 

自働車の運転免許をとってから9か月が経ちました。

でもなかなか上達しないし、まだ怖さが勝ってる状態です。それをいかにしてそれを克服できるか、目標は生活の行動範囲を広げ新たな事に挑戦して楽しみを増やそうですが。

現状報告と、自分なりに取り組んだ事を記録します。

周りから運転するように声をかけてもらう

 

免許取得後、9か月が過ぎようとしています。どれだけ運転したかというと回数にして15回ほどです。まったく乗らない月もあったり、週に2回乗った月もあってバラバラです。

免許を取るまでは周りの大反対にあい、55歳で危ないとか、どうせ乗らなくなるからもったいない、とか言われなにくそと思って頑張りました。

でも、免許を取るのはある程度頑張れば取れると思います。問題はそのあと・・

交通の便利な場所に住んでいるとなかなか乗れない。というか必要性がない。なので意識して乗らないとだんだん嫌な事から避けようとする気持ちが勝ってしまいます。

おかげ様で、あれだけ反対してた家族や友人がはっぱかけてくれまして、私が運転せざるおえない状況に追い込んでくれます。例えば、車で一緒にカニを食べに行こう!なんて言われると頑張るしかない!

仲の良い友人は、今日は練習どうでしたか?とメールで聞いてきます。

私はフルタイムで働いているので、いつでも練習できませんが、それを言うと言い訳になるのでなにくそ精神でやってます。

とにかく、練習あるのみ。

中古車を購入して自分の車を持つ

 

DSC_0013-001

我が家の場合、もともと軽のMT車がありましたが、夫が仕事に使ってるので荷物がたくさん載ってます。

またAT限定の私はカーシェアリングを利用して練習しておりましたが、時間単位で請求される為思い切って遠くまで行ったり、買い物など時間かかる事はできませんでした。

時間を気にしないで、乗りたいときいつでも乗れるのは上達の第一歩です。

おかげで、朝でも夜でもいつでも気にせずに、自分の気持ち次第で運転できます。

初めて道路に出るのではなく広い駐車場で練習しましょう

 

a0005_000162

最初は運転しなくても車のエンジンをかけるだけでもいいので運転席に座ってみよう。

運転の上達は慣れるしかないと言いますが、怖さは回数が増えるにつれてなくなっていきます。

私も、免許取って初めて運転する時は手に汗びっしょりで、ハンドルもまともにさばけず・・グラグラ運転で後ろの車はきっと怖かったと思いますよー。

でも、いきなり一人で幹線道路へいくとパニックになって事故につながりますので、最初は横にベテランの方に乗ってもらいながらがいいと思います。私は運転ベテランの娘にお願いしました。

横に乗ってもらうと、かなり不安がなくなりますが、デメリットもあります。

とにかくやかましい・・口うるさくて余計焦る事も。瞬時に判断しなくてはならない時、横からのアドバイスはワンテンポ遅れるので危険な時もあります。

なので、いきなり乗って道路にでるのではなく、広い駐車場などで車庫入れの練習をするといいと思います。これは気が済むまで一人でやれます。よその車にぶつけないよう気を付けながらしましょう。

私は、自分の借りている駐車場で一人で練習しました。クリープ現象(ブレーキをはなすとゆっくり動き出す)を利用して、スピードを出さないでぐるぐる回ったりバックしたりして、車のハンドルさばきに慣れる練習をしてました。

外の道路に出ると焦るので、最初は落ち着いてできる場所で何度もやったほうがいいと思います。

人気の少ない時間に乗ってみる

 

うちの息子は仕事から帰って来ると、夜中に運転の練習していました。今日はどこどこへ行ってくるとか言って、ドン・キホーテでお菓子を大量に買ってきてました。

夜は車が少なくて、広い幹線道路でも運転しやすいそうです。

同じコースを何度も走って慣れる

 

最初、父や娘に横に乗ってもらいいろんな場所に行ってましたが、なんせ運転未熟なうえに道も初めてなのでドキドキの連続でした。一応となりに先生が乗ってますので教えてくれますが。

あとで父から同じコースを一人で何度も運転してみたほうがいいと言われました。

一人で運転する時は、同じコースを何度か走ってみる。知ってる道を走って慣れたほうが自信がつきます。同じ道でも、路駐してる横を通ったり、人が自転車でスレスレに走ってたりします。車幅感覚がわからないので今でも不安ですが、その時はめっちゃスピードを落とします。

 

YouTubeで初心者運転を見る

あとはネットを駆使して、ユーチューブで「初心者運転」で検索すると参考にできる映像がたくさんでてきます。駐車のしかたや、車線変更、縦列駐車などを頭に叩き込みましょう。

いまでも時間あれば何度も見て、参考にさせてもらっています。

今回、ちょっと遠くまで行ったのですが、いつもより落ち着いて運転する事ができました。練習15回目くらい。

見る風景が、いつもと変わって見えた気がしました。いつもはもっとキョロキョロとあっちもこっちも見て対向車が来るたびに怖くてスピードを遅くしてましたが、今日の視界はもっと遠くを見てました。

今までは、怖かったのでブレーキをかなり頻繁に踏んでたのですが、気が付いたら意識せずにスピードを落とす事でブレーキを踏む回数が減ってました。

曲がるところも、前は焦ってハンドルを必死に回しすぎて戻してたりしましたが、今回はゆっくり曲がってサクッとスピードをあげて進みましたので、メリハリの付いた運転ができました。

駐車も失敗しても、微調整しながらバックして白線内に止めれるようになりました。

とにかく精進あるのみ

 

どんな事でもそうですが、上手になろうと思えば人知れず苦労があるものです。わかっております。55歳生きて色々経験しました伊逹に年取ってません。

例えばパソコンでもそうです。ほとんど毎日触ってます。今では生活の一部です。毎日触ってたら体の一部のようになるので、車もそうなると思うのです。

運転もきっとスイスイできるようになる日が来ると思います。もしかしたら、運転できる事で仕事が広がるかもしれません。それまであきらめずに頑張ります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください