検索のテクニックでなるべく新しい情報を見つける方法

 

パソコンで調べたい事があるとき、検索をしますよね。Yahooのサイトから調べたい言葉を入力して調べたり、Googleのサイトから調べたりいろんな方法があります。

例えばGoogle chromeで検索をして一番上から見てこれは見たいと思ったところからクリックして開いていきます。

その時、私が一番気になるのはその記事が新しいものなのかどうかです。

パソコンの内容は1年もたてば古くなって、全く役に立たなくなってたりします。

せっかくの記事が3年も前のだったりすることもあります。その場合ちょっとしたコツがわかっていたらほしい情報をできるだけ新しい記事に並び替える事ができます。

検索の記事を新しく並べ替える方法

Google chromeの場合

 

検索の文字を入力したあとの状態です。日付が2014年のものがありますね。これは古すぎなのでざっくり1年以内に並べ替えをします。

2017-02-11-002

下の数字のところをクリックします。

2017-02-11 -002

 

①はツールです。すべての言語、期間指定なし、すべての結果と3個表示されます。

②の期間指定なしクリックすると 期間のタブがでます ③の1年以内にチェックします。

<補足>

ここで期間指定することもできますが、パッと見た感じ去年のものがトップに上がってるところを見ると、あまり期間をしてしまうと欲しい情報が出てこなくなる可能性があるので、あえて1年以内にました。もし、最初に検索した時点で今年の情報がたくさんあれば数か月以内に絞ってもいいかと思います。私はここではあまりこだわらないで、1年以内の情報でぱっぱと見ていきたいのでほとんど1年以内にしています。

 

関連度順について

2017-02-11 -003

 

⑤の関連情報をチェックします。ここで日付順にしたら最新の情報が上がってきますが、関係ないものまで上がって来るのでここは関連情報を選んだ方がいいです。

これで1年以内の情報で検索したワードに関連したものが出てきたはずです。

 

yahooの場合

こちらも→の検索ツールをクリックして1年以内にするとなるべく新しい情報が取り出せます。すべての条件を解除すればもとにもどります。こちらはもともと関連情報がでるようになっています。

2017-02-11 (5)

 

まとめ

私達がパソコンやスマホで一番やってる事は、検索する事ではないでしょうか?でもピンポイントでなかなか欲しい情報にたどりつけず、大手の広告が上からどーんと占めてるのが多いと思います。

期間設定の場所をみつけてクリックしたら、1年以内にしてみてください。欲しい情報が少ない場合や、特殊な情報は期間指定をしないほうが、昔の情報から探し出してくれます。

欲しい情報の内容によって使い分けてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください