ワードプレスのバックアップ、わかりやすくて元に戻しやすいプラグインはこれ

プラグインをバージョンアップしたらダッシュボードが開かなくなった

今までバックアップの必要性はすごく感じてました。あるとき何気なくプラグインのバージョンアップをし、ままその日は終わりました。

翌日、ログインしようとしたらダッシュボードに入る事ができなくなりました。その時はワードプレスの事もまだわかってなくて、というより何かあった時相談する人もいなかったのです。

もうやっぱりおばさんには、限界かと思ってました。

でも、あきらめず必死でググってましたら、さすがです答えがありました。

ワードプレスでプラグインをバージョンアップ後おかしくなった場合

FTPソフトを使って、ダッシュボードがあいた

中に入れないのなら、FTPソフトをつかって外から入るしかないと思い、ファイル名を変更し、(ミニバードのFTPソフトでは変更できなかったので)、その後はちゃんとログインが出来ました。

あとはバージョンアップしたプラグインを停止、ダウンバージョンにして元に戻すことに成功しました。

でも、もしワードプレス自体をバージョンアップした時はムリです。もうバックアップしたものを戻すしか方法がないと思いました。

ワードプレスそのもののバージョンアップ時 いつも不安

何度も他の人のブログで説明をみたりしましたがわかりにくい、何か起こった時また考えたらいいや~って。また、プラグインをバージョンアップする事さえ なかなかできずにました。

もっと簡単にバックアップしたものを、元に戻せるものがあれば・・・

UpdraftPlus – Backup/Restore バックアップも元に戻すのも簡単。

このプラグインは見た目がわかりやすくて、難しい操作を必要とせず簡単にもどせます。

UpdraftPlus – Backup/Restore

もし、ワードプレスそのものをバージョンアップする時は、直前にバックアップをしてからすれば安心です。

バックアップを元に戻すのも簡単です。

バックアップはwebサーバー上へ保存

保存先をドロップボックスやワンドライブなどのバックアップは、Webサーバー上に保存できるので、もしもの時安心です。

ただし保存データーの上限があるので、大きいファイルがある方はご注意ください。

これでかねてからの不安も解消しましたので、安心してバージョンアップができます。

いろいろ失敗しながら理解していく事が多いけど、まったくお手上げ状態になった時バックアップがあるかないかで全然違いますもの。

とりあえずもとに戻せるのは心強いです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください