55歳アラフィフ就職活動日記その4

前回は職業訓練で介護初任者研修の資格をとってサービス付き高齢者住宅、サ高住というところに就職がきまり3か月の試用期間後に正社員として就職する事になってました。

試用期間の3か月はあという間に終わりました。このまま続けようかと思いましたが、ひょんなことから他の仕事へのお誘いがありまして、そちらへ行く事にしました。

就職活動日記もまだまだつづきます。

新しい仕事も、もちろん正社員で

 

今度行くところも、もちろん正社員でお願いしますといいました。世の中捨てたもんじゃありません。

55歳で正社員なんてないわー、と思いますが、介護の世界ではあります。人で不足なので雇ってもらえます。その代わり夜勤もしなくてはいけないし責任も重くなります。

でも、どうせならガッツリ働いてしっかりボーナスも欲しいし、社会保険にも入って自分の年金を増やしたいし。

でも、前職の時も50歳超えても正社員で入りましたから、探せばあるもんです。

勇気をだしてチャレンジすれば、予想もしなかったお仕事に出会う事があります。

 

最高に待遇がいい会社に就職できた。

 

今回の仕事は友達からの紹介で入る事ができました。

会社はハローワークに募集を出してたそうです。その募集内容を見る限りでは、家から遠いし1時間ほどかかるのと、仕事内容についても私の経験ない事だったので、始めから選択肢にはありませんでした。

でも、友人に詳しく説明を聞くと、私の得意分野を使って仕事に活かせるみたいで、是非来てほしいと言われました。

ホントは介護の仕事で経験を積んで介護福祉士の資格を目指そうと思ってましたが、熟慮した結果友達の会社に就職する事にしました。

もうすぐ1か月経ちますが、今までいろんな仕事をしてきたわけですが、一番待遇の良い会社に入れたと思っております。

ボーナスも年3回あるし、社員旅行は海外、半年後の有給も全部消化できるとの事。なにより、大好きなパソコンを使ってやらせてもらえるという事がうれしいです。

 

今まで仕事は無駄じゃなかったけど酷かった

 

55歳で就職して特に専門性もない普通のおばさんが正社員になろうと思うと、すごく給料安いとか、例えば手取りが生活保護並みとか。ブラック企業なのですぐ辞めてしまうので常に募集かかってるとか。

そんな悲惨な仕事でしたね。でも歯をくいしばって頑張りました。熱があっても休みにくいので出勤したし、週6で働いてました。

今の会社は、当たり前ですがいつでもトイレに行けるし、食事は半分くらい補助があったり、有給も取りやすいので全部消化できたり、温かい部屋で仕事ができます。

それが今までの職場では、できなかったんです。どんだけ酷い職場環境だったかと思います。それでも黙って働いてきました。だって嫌ならいつでもやめていいからって言われますので。

なので、転職して職場を比較すると会社が社員を大事に扱ってくれてるかどうか、よーくわかります。

窓からの景色

社員を大切にしてくれると尽くそうという気になる

 

今まで会社は、社員を大切にしてるとは思えませんでした。死なない程度に給料を出したらそれでいい、という考えの上司でしたので、辞める人が多く次から次に人を入れないと仕事がまわって行かないくらいでした。

会社としては、経験のある人がいなくて会社は回ってますので痛くも痒くもないです。使い捨てのようなひどい扱いですね。

でも、今度の会社は社員がやる気になるように考えてくれてますので、私も自分の持ってる力を全部だして尽くそうと思います。

今までは、こんな会社の為に力を出したくないと思いながら働いてたので、やる気もなくて、ただ給料をもらう為に働くという感じでした。全然違います。

 

勇気をだして転職する事も今の時代は普通

 

ハローワークの方にも、介護の学校の先生にも言われましたが、嫌なところに無理にいる事はない、次に行ったらいいねん。と。

最初は、そんなに簡単に転職するのは良くないと思ってましたが、今はそんなんじゃないよって言われました。ここが駄目なら次行こう!ってそれでいいねんて。

社員を大切にする会社は、なかなか出入りがないのでそんなところに就職するのは至難の業です。でも、今まで探してた範囲をもう少し広げてみるとか、やった事ない仕事に挑戦してみるとか、ハローワークだけでなく友人知人にも声をかけておくなどしてみたらいいかと思います。

55歳のおばちゃんでも正社員で働けますので、あきらめないで頑張ってください!

 

追加

この時は、とっても良い会社に就職できたと、最初の数か月はほんとにそう思ってました。入社して、ある時、辞める人がすごく多い会社だとわかりました。。もう辞められる事には慣れているようでしたね。

だってハローワークに登録しておけば、人はいくらでも来ますから。

会社のいろんな面を見て、方向性が見えてきてようやく目が覚めたのですが、それまで、ある人に再三辞めるよう説得もされてました。でも、一度信用して動き始めるとなかなか方向転換しにくいのです。信じた自分を否定する事になるのですから。

転職はとてもエネルギーがいります。簡単そうで難しい。思い入れが強いほど大変です。

教訓。

うまい話には、裏がある。それがわかったらさっさと次へ行こう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください