やよいの青色申告 オンラインで確定申告までやってみました。もっと早くに使えばよかった!

本日、3/15日最終の日に確定申告の提出をしてきました。毎度ギリギリですが、今回はほんとにギリギリセーフ。

最後の青色申告書のプリントアウトまでの流れは、ほんとうに簡単でわかりやすいし便利でした。

今まで、なんで使わなかったのか悔やまれるほどです。

弥生の青色申告オンラインを使って、青色申告書の印刷までやってみたので、その感想や便利なところを書いてみたいと思います。

ベーシックプランなら初心者でも使える

弥生オンラインは青色申告の初心者にも使えるように作られています。ただし初心者と未経験は違います。

全く初めて入力するのであれば、ちんぷんかんぷんになると思うので、ベーシックプランに入る事をお勧めします。

ベーシックプランなら、わからないところがあっても電話やメールで質問する事ができます。税理士の先生に任せていても、入力は自分でしないといけない場合が多いので、結局わからない時は電話して聞いてました。

それが弥生のサポートセンターになるだけなので、かえって気を遣わずになんでも聞けます。

 

初めて弥生を使う時に設定する画面

課税登録者なら消費税の登録預金口座の登録と残の入力固定資産などがあります。

 

複式帳簿で入力しなくても良い

 

青色申告では本来、複式帳簿というものをつくらないといけません。仕分けといって、借方/貸方で入力していけばあとはパソコンが合計を出してくれるので簡単です。

でも、弥生青色申告オンラインでは、かんたん入力を使えばいいので複式でなくても大丈夫です。

私も、かんたん取引を使って入力しました。

毎年、この時期になると溜息がでそうになるのですが・・・

1年分まとめて入力したので、よく利用したのは、同じ取引を続けて登録ですね。日にちと金額だけ替えてぱぱーっと入力しました。

 

 

入力を自動化して、会計業務を効率化

 

銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホアプリで撮影したデータを自動仕訳するので、入力と仕訳の手間が省けます。

最初だけ仕分けを覚えさせておけば、あとからは自動で仕分けしてくれます。貯め込まずにちょこちょこ取り込んでいけば楽になります。

私は使ってないのですが、スマホで読み取って自動仕分けもできるんですね。すごい!今度使ってみようと思います。

 

スマホから入力する

スマホを使って、出先で待ち時間などを使っても入力できるし、仕分けを気にしなくても入力できるのでわかりやすいです。

オンラインのメリット

 

  • バージョンアップ不要! いつでも最新バージョンを使えます
  • MacでもWindowsでも使えます
  • インターネットでいつでもどこでも使えます
  • インストール不要ですぐに使い始められます
  • もしパソコンが壊れてもデータ自動バックアップで安心です
  • 税制・法令改正にもしっかり対応

個人で申告してたら、税制や法令改正が変わっても気が付かないでしょうけど、オンラインなのでそこは安心です。

最新バージョンアップが使えるのもいいです!弥生がバージョンアップするだけでなく、ウィンドウズもバージョンアップしていきます。私のように古~いソフトを使ってたら、いつの間にか動かないようになりますよ~。

使ってみての感想

 

私が一番よかったのは、確定申告書のプリントアウトをしてくれることです。いつもなら入力して合計残高試算表から確定申告の用紙に転記して合計をしてました。

それが、入力が終わったらそのままで確定申告書のプリントアウトができたのには感激。しかも、控えの分も出来てました。

それだけでなく、社会保険や生命保険もろもろを入れたら、所得税の申告書もプリントアウトできました。わからないところがあると資料を読んで確認してましたが、入力するところ指示してあとは埋めていくだけで完成。

こんなに簡単やったけ?と思うほどあっという間に終わりました。こんなに簡単にできるなら、税理士の先生もいらないかもと思いましたね。

それにわからないところがあったら、電話でもメールでも教えてくれるところがあるのは心強いです。

無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」

ほんとにもっと早く使ってたら、毎年しんどい思いしなくて済んだのにと今更ながら悔やまれます。

初年度は無料で確定申告にも使えましたので、助かりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください