警察署での免許更新(大阪の場合)証明写真は自宅のカメラで撮影

夫は自営業なので、車の免許更新の時は平日に近くの警察署に行きます。

門真免許試験場では写真は会場で撮りますが、警察署では持参しなくてはいけません。なので私がカメラで撮って、家のプリンターで印刷したものを持って行きます。

ご存知のとおり門真運転免許試験場での免許証更新は、日曜だと3000人ほど来場者があるそうなので待ち時間が半端ありません。流れ作業でやってくれるものの、写真撮影のところでだいたい1時間以上待たされます。

門真運転免許試験場で免許更新の流れと道順そして日曜日は行きたくない理由

その後に講習があるので、さらに優良運転者で30分、一般運転者でも1時間かかります。講習の始まる時間は決まっていてタイミングよく入れたらいいのですが、はずすとそこでも待ち時間ができます。平日にスムーズにいけたとしても全部で2時間以上はかかります。

もし平日にいけるなら、地元の警察署でやった方が楽だなーと思いますので、夫にいろいろやり方を聞いてみました。

警察への免許更新は、実際に私が行ったわけではありませんが参考になればと思います。

警察署での免許更新(持ち物、手数料など)

運転免許更新はいつするのか

運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後までの間

(末日が土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から1月3日)の方は、これらの日の翌日まで手続ができます。) 

自分の誕生日の1か月前~1か月後ってことですね。

ケイコ

免許証更新に必要なもの

  • 運転免許証
  • 更新連絡書
  • 写真1枚:6か月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景のもの
    大きさは、縦3センチメートル×横2.4センチメートル
  • 黒又は青のボールペン
  • 眼鏡等(必要な方)
  • 本籍、氏名を変更した方は、本籍(外国籍の方は国籍等)が記載された住民票の写し 
  • 住所を変更した方は、住民票の写し又は郵便物(消印のあるもの)等で新しい住所が確認できるもの
  • 70歳以上の方は、次に掲げるいずれかの終了証明書 
    1 高齢者講習
    2 特定任意高齢者講習
    3 運転免許取得者教育(高齢者講習同等) 
    注:更新期間が満了する日の前日から起算して6月以内に受講したものに限ります。
  • 更新の手数料等

警察署で免許更新する際の流れ

こちらは大阪の警察署の場合

郵送で免許証を送付してもらえるのは、大阪府公安委員会から郵送される運転免許証の更新通知書(葉書)に講習区分「優良講習」(30分)又は「一般講習」(1時間)の人だけです。

免許更新 警察

免許更新 警察

郵送手続き対象者(講習区分)
  • 優良講習(30分)
  • 一般講習(1時間)

注意
「違反」「初回」の方は郵送する事は出来ません。警察署で申請していただき、指定日講習を受講してください。

光明池・門真運転免許試験場で免許更新は、更新時講習も免許の交付も1日でやってくれます。

カヨ

ただし警察署の免許更新は一日では終わりません。

大阪府内に住民票がある方であればどなたでも可能です。別途、郵送手数料800円(書留及び手数料)が必要です。

講習区分や受付時間などは、それぞれ住んでいるところで違いますのでご注意くださいね。

お手元に送られてきた、運転免許証更新のハガキに詳しい時間が書いてありますので確認してください。

郵送手続きの利点(但し郵送は、優良と一般しかできません)

  1. 短時間で運転免許証更新手続きと講習を終えることが出来ます。
  2. 好きな日時で講習が受講できます。
  3. 送付先は他府県でも可能です。
  4. 門真・光明池運転免許試験場で更新手続をしますと、更新免許証を即日交付されますが、交通費と時間がかかる。
    交通安全協会の講習を利用すると、職場の近くなら交通費はいらないし時間も優良30分、一般1時間です。

 

更新の手数料

区分 更新手数料 講習手数料 合計 講習時間
優良運転者 2,500円 500円 3,000円 30分
一般運転者 2,500円 800円 3,300円 60分(1時間)
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円 120分(2時間)
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円 120分(2時間)

ちなみに夫は平日の警察署で受け付けして、3週間後に門真運転免許試験場に講習を受けに行き、その場で免許証をもらったそうです。

でも警察署にしろ、門真や光明池にしろ普通サラリーマンの人は平日に行くのは難しいでしょうね。可能性としては、優良運転者の場合講習が30分で終わるので、その時間をあらかじめ確認しておけば昼休みに行けるかも。(会社近くの警察署まで)

あとは新しい免許証を郵送してもらえば、日曜日の大混雑にはいかなくて済みます。

受付でする事

夫が言うには、警察署の受付で印紙買って書類を書いて視力検査をして、講習をいつ受けるのかハンコをおしてもらった。

講習は後日指定された日に門真運転免許試験場へ行ってした。その時に新しい免許証をもらった。という事です。

夫は優良運転者なので、講習も交通安全協会で受けて、郵送してもらったらいいのに。と思いましたが、講習の時間まで待つのがめんどくさかったのでしょう。

カヨ

講習の時間を前もって確認していけばよかったね。
ほんとですね。

ケイコ

警察署の受付でやるのも門真運転免許試験場でやるのも、基本同じだと思います。

  • STEP.1
    申請書に記入
    1. 「運転免許証」と「運転免許証更新のお知らせ案内」のハガキと写真を窓口に提出し、申請書をもらいます。
    2. 申請書に住所や氏名を記入する
  • STEP.2
    視力検査
    1. 目の検査は受付窓口の横にある機械でしたそうです。
  • STEP.3
    更新手数料
     更新手数料の印紙を買って用紙に貼り提出します
  • STEP.4
    有効期限延長
    免許証の裏に延長された新しい有効期限日を赤色のスタンプで押してもらったみたいです。そのままであれば誕生日が過ぎたら免許が期限切れになりますが、このスタンプが更新中という証明ですね。

    注意!更新手続をされた方で更新時講習が未受講のまま更新手続時に延長された免許証の有効期限が経過しますと、免許が失効しますので、そのまま運転した場合は、無免許運転となります。

    ギリギリに手続きすると危険ですね

  • STEP.5
    講習の予定
    当日講習を受けない場合、次いつ行くのかを決めます。窓口で提示された日時で「この日はいけますか?って聞かれるので行ける日を決めます

待ってる人が誰もいなければあっという間に終了です。

夫はその3週間後くらいに、門真の運転免許試験場で講習を受けて新しい免許証をもらいました。

もし、優良運転者か一般運転者なら、当日に講習を受ける事ができます。そして新しい免許証は郵送で送ってもらえます。

写真を自宅で撮影しプリントアウト

夫の場合、自宅のカメラで私が撮って、写真印刷用の紙(余ってたもの)に印刷しました。

写真の審査基準とは

写真は1枚
  • 6か月以内に撮影した無帽・正面・上三分身・無背景のもの 
  • 大きさは、縦3センチメートル×横2.4センチメートル。
  • 写真に傷があったり、背景と服が同系色でもダメです。

白い壁をバックに顔が大きすぎない、頭が切れない、正面を向いてるものを撮りますが、念のため距離を変えて何枚か撮りました。

写真の見本はこちらに載ってます。

下は警察の写真の審査基準から転記したものです。

さらに不適当な写真というページがありますので、そちらも参考にして撮影してくださいね。

不適当な写真 男性の場合

不適当な写真 女性の場合

自宅での証明写真の作り方

家に余ってた写真用の紙なので、写真代はタダのようなものです。プリンターは家のインクジェットのプリンターです。

ナカバヤシ 写真用紙 インクジェット光沢紙 高級光沢紙 50枚 A4 JPPG-A4-50

フォトスケープ「Photoscape」というソフトで複数印刷も簡単にできます。ワードでもなんでも使えればいいと思います。

Photoscapeで照明写真の印刷

Photoscapeで照明写真の印刷

ちなみに私がパートの面接で使う写真やハロワークに提出する写真も同じやり方で作りました。

失敗しないコツはいきなり写真用の紙にプリントアウトしないで、普通の紙に試しに印刷してみる事です。データーはパソコンですぐに変更できるので、大きさ微調整をしてから写真用の紙に印刷しましょう。

ワードでも作れますが、長くなりそうなので別記事に書きますね。

カヨ

でも、わざわざ無理にしなくても
近くのスピード写真でやった方がお金はかかりますが失敗がなくて簡単です。

ケイコ

自宅にカメラも、プリンターも写真印刷用の紙もあるなら、やってみてはいかがでしょうか。

アドバイス

頭上の2~3mmあける事、写真の背景は白い壁のところで撮りました。

白い壁に白いシャツ等はダメ。

写真の裏には、撮影日と名前を記入する。

持って行くときは、裁断をしないで持って行くと書いてあります。

万が一写真がダメと言われるといけないので、撮影の距離を変えて数ポーズを一枚にまとめてプリントアウトする。

 

まとめ

大阪の警察署で免許証の更新をする時は、講習区分が優良と一般なら当日講習を受ける事ができます。免許証は3週間後郵送されてくる。

もう一つは、3週間後に門真運転免許試験場で講習を受けてから、免許証をもらう事です。

写真は、自宅のプリンターで印刷したものをもって行きました。特に何も指摘を受けてませんが、バックの色、大きさや位置や向きなどをうまくしないと撮り直しする事になります。念のために微調整したものを数枚用意していけばいいかと思います。