中古車購入の必要書類や流れと車庫証明の手続きについて

車は友人から安く譲っていただいたものです。名義変更や移動費などはすべて友人にお任せしたので詳しい事はわかりません。あとで調べてみると以下のようでした。

まず車検証に記載されている自分の名義に変更しますが、名義変更の手続きは管轄の運輸支局で行います。提出する書類は数が多いので事前に準備します。

私の場合は、車の旧持ち主の方に手続きを依頼しました。

中古車を譲ってもらった場合

中古車購入の必要書類

もらう方(譲渡される方)

表はスクロール可

1、車庫証明 自分でするなら警察にいけば一式もらえますが、借りるなら大家さんや貸ガレージ屋さんが用意されていると思います。
2、印鑑証明書 実印の印鑑証明書(発行3か月以内)
3、委任状 手続きを譲渡する方にお願いしたのでその為必要です。

渡す方 (譲渡する方)

表はスクロール可

1、申請書 OCR シート第1号様式のダウンロードはこちら
2、自動車検査証(車検証) 譲渡する車両が保安基準に適合している事を証明します。有効期限が切れていないか確認しましょう。*
3、印鑑証明書 実印の印鑑証明書(発行3か月以内)
4、譲渡証明書 車を新所有者に譲渡したことを示す書類で、旧所有者の押印が必要です。
5、委任状 代理人による申請を行う場合は実印を押印、本人が直接申請するときには不要です。
証明書の入手先

印鑑証明書⇒市役所や町村役場

車庫証明書⇒所轄の警察署

譲渡証明書や委任状⇒運輸支局のWebページから入手できます。

*車検証は本来、車に常時備え付けてあるのですが、もし再交付する場合には運輸支局で再発行の手続きをします。

手続きの方法(運輸支局での申し込み手続き)

運輸支局の窓口で、手数料納付書自動車税・自動車取得税申告書申請書を受け取り必要事項を記入します。

そして所定の手続きを行ない、新しい車検証とナンバープレート(管轄が変更になる場合)の交付を受ければ自動車の名義変更が完了です。

手数料ってどのくらい?

登録手数料   500円
●ナンバープレート交付手数料(自動車登録番号の変更を伴うとき)   約2,000円
●自動車取得税  税額については各都道府県税事務所へ

任意保険に入りましょう

ネットで割引

譲ってもらった方の保険は解約していただいて、運転する前には保険に入りたかったので、その点ネットなら契約の翌日から効力あるので安心です。

しかし、初めて車の保険に入るのにネットで入る場合、基礎的な事がわからずに迷ってしまい、えらい時間がかかりました。何度か保険に入ってるなら過去と同じでいいかもしれませんが。

なるべく金額を抑えてと思いますが、初心者なのでけちると不安もあります。友人に相談したり我が家の軽自動車の保険と見比べながら考えました。

まず、保険の比較サイトでいくつかの保険会社からいくらほどかかるのか調べてみました。



私が調べたところは、インターネットからのお手続きで最大10,500円割引!
インターネット契約割引最大10,000円とeサービス(証券不発行)割引500円を両方適用した最大の割引金額です!

私の場合4500円のネット割引ができました。

車庫証明の手続きをしてみた

車庫証明について

自動車を購入する人は購入した自動車を保管する場所があることを示さなければなりません。車庫証明が必要です。

  • 新車を購入したとき
  • 中古車の購入又は譲り受けたとき
  • 引っ越し等で住所等(使用の本拠の位置)を変更したとき
    などの場合は、自動車登録の手続きをするに際して、警察署長の自動車保管場所証明書の交付を受けて運輸支局に提出することが必要です。
車庫証明を取るには

自宅もしくは、自宅から2キロm以内で車庫をさがします。

必要なもの車検証、免許証、印鑑、ガレージ代

車庫証明の手続きですが、最終的には夫と同じところから借りる事なりました。

ネットで検索して問い合わせしても空いてない事が意外と多いです。そんな時は家の近所を歩いて貸ガレージの看板でよく見る会社があれば直接電話して聞いてみましょう。

地元を知り尽くした営業マンが、自宅から近いところを教えてくれます。あと交渉次第で値段を下げる可能性ありなので、是非がんばってください。

車庫証明の必要書類

  • 自動車保管場所証明申請(複写式)
  • 駐車場の所有者が他人の場合「使用承諾書」・駐車場の所有者が自分の場合「自認書」
  • 保管場所の所在図・配置図

車庫証明の大まかな流れ

ガレージの貸主が用紙に記入して、配置図も用意してくれました。あとは残りを自分で記入して持っていくだけです。でも書き損じたらいけないと思って警察署へ行ってから書き方を教えてもらいながら記入しました。

目の前で、記入方法を教えてくれたので助かりました。それでも、うっかり記入間違いをしましたが、訂正印を押したら大丈夫でした。

アドバイス
もし書き方がわからない時は、教えてもらえます。変に書き間違うより、教えてもらいながら書いた方が安心です。

あとは警察署で、2,700円(大阪府の場合。都道府県によっては2,500円~2,800円)の収入証紙を購入し、車庫証明申請書類に貼って提出します。 

提出した車庫証明申請書類に不備がなければ、車庫証明書の交付日を指定されます。(3日~1週間程度)

私の場合

今回はガレージを借りる時、車検証がまだ自分の名義に変更されてない状態でした。でも車庫証明をもらわないと名義変更の手続きができないのです。

車庫証明か名義変更かどっちが先やねんって感じで悩みました。

カヨ

頭抱えましたわ・・・

とりあえず友人の名義のまま車検証のコピーをもらってガレージの会社へ持って行きました。うちの場合だけかもしれませんが、担当者から支払いを年一括払いでしてほしいと言われました。

つまり、名義変更する前の車検証ではガレージ代が年一括払いと言われたんです。

車を買う前に車庫証明が必要なのに、今でもなんだか腑に落ちないです。別の車を置くか、他の用途で使われたら困るとでも思ったのでしょうか。

ちょっとこれは痛かったですね。ガレージ代12000円を1万円にしてもらったので文句いえません。年払いで12万支払ました。それにもし途中でやめる時は返金してもらえるとの事で契約をしました。

市場では出ない駐車場を見つける

こちらは相場より安い月極め駐車場を見つけてくれるサイトです。

駐車場月極駐車場を検索するならPMC。市場で眠っている格安な駐車場が見つかるかも

近くで需要が高まれば、予約をしてる人を優先的に連絡してくれるそうです。

とにかく、一般では見つけにくい駐車場や、なければ新しく見つけてもらえるかもしれないので、予約だけでもしておけばいいかと思います。

駐車場の在庫は常に変動するのでサイトに掲載されていない最新の情報もあるかもしれませんよ。

PMC公式サイト