車に乗せてないといざという時困るもの。自動車学校の教科書見て

知り合いから中古車を安く譲ってもらったのですが、ふと気が付いてあれがない、これがない。新車ではないので、もしかしたら捨てたのかもと思って本人に聞いたら、たぶん後ろに乗ってるはずというのですが。

さがしてもないので、購入する事になりました。そのないものとは・・・

車に乗せてないといざという時困るもの

自動車学校でも、車の点検で教えてもらったと思います。教科書に載っていました。

携行品

赤色懐中電灯

発炎筒

赤色懐中電灯は故障などの時警報や信号用に使います。発炎筒は故障や事故、踏切でうごけなくなった時など他の車や列車へ合図に使います。

どちらかを必ず携行しなくてはなりません(二輪自働車を除く)

   
CrazyFire LED懐中電灯 赤光 ハンチング 1000LM 5モード ズームライト

停止表示板

停止表示灯

停止表示板や停止表示灯は故障などで車を停止させたときに使います。
 
救急セット 事故などで負傷者が出た時
スペアタイヤ パンクした時の応急タイヤです
ワイヤー又はロープ 牽引の時に必要
ブースターケーブル バッテリー上がった時必要
消火器 車が火災にあった時使います。小さいものでもないよりまし。
工具 ドライバー、スパナ、プライヤ、プラグレンチ、輪留め、ジャッキ、ジャッキハンドル、ホールナットレンチ

確認したらスペアタイヤ以外ほとんどなかった・・・( ゚Д゚)

そのスペアタイヤもたぶん何年もほったらかしになってるのでしょうか、タイヤが入ってるところの鍵穴がはいらなくなってました。

他にもタイヤがパンクした時に交換するための工具も必要ですね。

どんだけないねん!  と思いましたが。しかたない買うしかない。こんなんでよく問題がおこらんかったと思いますが。

 

私が車に乗ってて経験した事

私は友人と車に乗ってる時、タイヤに釘がささってパンクしまして、友人はちゃんと道具ももってたのでささーっとタイヤ交換してました。田舎の建築現場近くを走ってた

また、最近も夜中にスーパーに行ったら高級車が・・中から人が出てきてバッテリーが上がって困ってるから協力要請を受けたりしました。この時もブースターケーブルを相手が用意してたので、すぐにエンジンがかかりました。

そんな事ってあまりないとは思いますが、ちょっと知識があれば焦らなくてなんとか対処できるもの。この時の経験から、最低限の道具は車に乗せておくべきものを書き出しました。

早急にスペアタイヤの確認とブースターケーブル、赤色懐中電灯、ジャッキ類と工具は揃えようと思いました。三角の停止表示板は1000円であったのですぐ買いました。

工具とかも、プライヤがあっただけ・・・ほんとにもう!

これからちょっとずつ買いそろえていきます。

いちいち買うのがめんどくさい方には セットになったものありましたのでご紹介しますね。でもこれだけ揃ってたら大丈夫ですね。

imgrc0069462525

あとはスペアタイヤがあれば完璧ですね。