両親連れて初の台湾旅行 3日目

台湾101

台湾もあっという間の最終日

本日の予定は帰る時間が夕方5時30分、宿泊してるホテルに3時までに戻れば良いので時間もたっぷりあるしどこかへ行こうという事になりました。

その前にせっかくなので止まったホテルです。

ホテル内のお風呂

ホテル台湾

ホテル台湾

とーちゃんとかーちゃんが二人でベッドなんて(笑)

台湾のホテル

台湾のホテル

お風呂場がガラス張り(笑)。シャワー室もあって豪華でした。変なホテルではありません。有名なホテルなんです。

トイレは座る椅子の後方にトイレットペーパーがあります。座ったままでは取りにくいのでやりにくかったです。

ちなみに、台湾のトイレはティッシュを流しません。ごみ入れに入れるそうです。

台湾式マッサージ

台湾式マッサージ

ついでに初日に案内されたマッサージのお店です。わかりにくけど、志村けんが写真に写ってました。

台湾のタクシーに乗る

まったく行き当たりばったりの私達・・・。一応MRT(地下鉄)の路線図は印刷してもってきました。

行きの同じ飛行機に乗ってた二人連れは、前日に101に行ってきたとおっしゃってたので、両親と相談して私達もタクシー使って行くことになりました。

言葉もわからないのに、タクシー乗って大丈夫かと思いましたが、そこはスマホの日本語を中国語(繁体)に変換するアプリを使って行きたい場所を入力して変換、運転手にそれを見せるだけで連れていってくれました。

これがあれば世界中どこでもいけそうな気がしました。

101にタクシーで行って見る

101には開店前に到着したので、展望台へのチケット売り場も誰もいません(笑)。東アジア一の高いビルで89階「台北101展望台」へ朝一番で上る事ができました。

台湾101

台湾101

高所恐怖症の私ですが、ここまで来たらやるしかありません。

怖かったけど一応、ぐるっと中を回って写真も撮りました。まあ、人や車が小さい事!この写真を過去に台湾に行ったことのある友人に見せたところ、ビルがたくさん立って景色が変わってるとおっしゃてました。

台湾101

台湾101 右

でも、基本高いところ苦手なので、あまり長いもできず・・・買い物 友人から頼まれたミッションの一つ、からすみの安いところを見つけるのが気になってました。

MRT(地下鉄)に乗ってみる

時間に余裕あったので、MRT(地下鉄)にも乗ってみようかという事になり、この101の下には駅がありすぐに行けました。

台湾地下鉄

台湾地下鉄

なんとかなるだろうなんて お気楽に考えて切符を買おうとしたのですが、ちょっと悩みました。でも適当にやってたら カラスミ専門店近くの駅までの切符を買えました。

なんだか おもちゃのお金みたいなプラスチックのコイン? これが切符みたいです。

台湾地下鉄切符

台湾地下鉄切符

地下鉄では注意する事があります。飲み物や食べ物は禁止だそうで、見つかったら罰金だそうです。なんとなくペットボトルで水飲みたくなりますが、我慢我慢。

現地の専門店でカラスミを買う

最後のミッションです。現地の専門店でカラスミを買えばかなりお安くなるとわかって、どうしても行ってみたくなりました。

行先は、カラスミ専門店の近くの駅です。でもグーグルマップで行く方向を間違えて、迷子になりまして。

仕方なく、またタクシーのお世話になる事にしました。

タクシーの値段は日本よりもずっと安いので、わからなくなったらこれ(笑)を使えば安心。

また今度も、スマホの言語変換アプリを使って近くまで連れて行ってもらいました。

からすみ永久号

からすみ永久号

行先はこの「永久号」というお店なんですが、地図ではわからなくなって、近くのお店の方に地図を書いてもらって、また途中で人に聞いたりしてなんとかたどり着きました。

まあ、これがすごくわかりにくい場所にありました。

永久号
住所:台北市延平北路2段36巷10号
電話:02-2555-7581
ファクス:02-2555-6581
営業時間:8:00~18:00
定休日:無
メールアドレス chiens01@ms28.hinet.net
※カード不可

最初からここで買えばよかったです。免税店などに連れていかれて高いカラスミを買ってたので後悔しました。日本だと1万円近くするものが 永久号だと150g500元(3倍として1500円)で買えます。免税店だったら4000円とかしますよ。

くやしいから ここで5個買いました。免税店でも10個買ってたのでお金を散財しました。

カラスミの食べ方 保存方法

カラスミの保存方法として常温で1週間。冷蔵なら1ヶ月。冷凍すると1年ほど保存できるそうです。家では冷凍保存してちびちび味わって食べてます。

  • 1.フライパンにカラスミを入れ、焼酎を適量入れて表面をあぶります。
  • 2.焼酎が蒸発したらフライパンから取り出して好みの厚さにカット。
  • 3.大根のスライスに乗せて食べるとおいしく食べれます。

ここのカラスミは、大きさも厚みも良く値段も安いので買いやすいです。免税店では高級食材なのでみんな買っていませんでした。ほんとに高くてびっくりします。

初めて台湾に来て、右も左もわからない状態では連れていかれたところで買うしかないです。今回は勉強したと思って次回よりはこの「油化街」にある永久号で買うと決めました。

ちなみに「油化街」はカラスミの専門店が何件かありますし、他の食品関係の台湾土産がどこよりも安いです。

タクシードライバーに「油化街」と書いて見せるか、スマホのマップで永久号の場所を見せると連れていってくれるはずです。

これでミッション完了。いいカラスミが手に入りました。

あとで、友人にカラスミ10個を渡したところすごく喜んでくれました。!!

頼まれた買い物、両替、観光と目的は全部達成できてよかった~。両親も喜んでくれました。あとは無事に日本に連れて帰るだけです。

 

飛行機乗って ぶーんと日本までレッツゴー。

これで台湾旅行記はおしまい。