ワードプレスのバックアップのプラグインで復元しやすいUpdraftPlus – Backup/Restore

ある日プラグインをバージョンアップした後、ブログにログインしようとするとできなくなりました。

そもそも何が起こるかもわかってないのですが、怖いもの知らずで何かと便利なプラグインが更新となるといつものように、何も考えずに更新をクリックしてました。

ログインができないので、もちろんダッシュボードにも入れません。

一応、バックアップのプラグインは入れてましたが、元に戻す方法も知りませんでした。

訳が分からない私はネットをググり、レンタルサーバーのFTPからブログの中に入れる事を知りました。

ネットオウルのレンタルサーバー

私が使っていたのは、ネットオウルです。

最初はできるだけ費用を抑えたくて、ひと月300円ほどレンタルサーバーを使ってました。

今は、引っ越ししてエックスサーバー になりました。

調べると、ネットオウルのFTPからログインしてプラグインのファイル名を××oldに変更して、サイトにログイン。

ログイン出来たら、問題のプラグインを削除してバージョンを一つ下げたものをインストールする。という方法が書いてありました。

この時の経験から、ログインが出来ない時はFTPからログインしたら解決できることがわかりました。

この時の事を書いてます。

ワードプレスでプラグインをバージョンアップ後おかしくなった場合

FTPソフトを使って、ダッシュボードがあいた

FTPソフトは、ネットオウルからもログインができるのですが、無料のソフトを使う事もできます。

あとはバージョンアップしたプラグインを停止、ダウンバージョンにして元に戻すことに成功しました。

でも、もしワードプレス自体をバージョンアップした時はムリです。もうバックアップしたものを戻すしか方法がないと思いました。

ワードプレスのバックアップをもとに戻す

せっかくプラグインでバックしても戻す方法がいまいちわかっていませんでした。

ワンクリックでバックアップをもとに戻せるものを探していました。

UpdraftPlus – Backup/Restoreで簡単バックアップ

このプラグインは難しい操作を必要とせず簡単にもどせます。

UpdraftPlus – Backup/Restore

もし、ワードプレスそのものをバージョンアップする時は、直前にバックアップをしてからすれば安心です。

バックアップを元に戻すのも簡単です。

バックアップはwebサーバー上へ保存

保存先をドロップボックスやワンドライブなどのバックアップは、Webサーバー上に保存できるので、もしもの時安心です。

ただし保存データーの上限があるので、大きいファイルがある方はご注意ください。

これでかねてからの不安も解消しましたので、安心してバージョンアップができます。

いろいろ失敗しながら理解していく事が多いけど、まったくお手上げ状態になった時バックアップがあるかないかで全然違いますもの。

とりあえずもとに戻せるのは心強いです。