運転免許とってから初めての長距離と山道で手に汗握り体験

初めての貯距離運転の覚書です。

50代で免許取ってから、あっという間に1年4か月が経ちました。

あれだけ運転したくてとった免許なのに、いざ運転するとなると怖くて・・・汗でハンドルはいつもベトベトです。

仕事でどうしても送迎をしなくては、勇気を振り絞って利用者さんの送迎を今年の4月からやってます。

怖いとかできないと言ってられなくなりました。

怖くて心臓が口から出そう、でもやってみると案外できる

 

送迎では、運転は普通になんとかできました。なんせ行く場所は同じなので道を迷う事もなくすぐ覚えれました。

ただ、車庫に入れる際とても難しい場所に入れないといけなくて・・・それが一番不安でした。

バック駐車まともにできなかった私が今では、狭い場所にも入れる事ができてます。

なんでも回数を重ねると自然とできるようになってくるものですね。

無理やりでもやらしてもらって上達していきました。

免許取得後 回数だけは多く100回以上は乗ってますので、家の近所や買い物は普通に乗っていけます。

運転以外でもわからない事だらけ、緊張の連続

夏暑い日にクーラーのつけ方わからなくて、窓あけて走ってたり。

夜ライトをつけるのにどうするかわからなくて出発前につけたり消したり練習した事も。

また雨が降るとワイパーをどうすれば動かせるのかわからなかったり、雨やんでも止めれなくて汗がでました。

ガソリン入れるのもセルフに一人でいけなくて息子に教えてもらったり。

初めての長距離 娘と交代で運転して大阪から和歌山の田辺へ行きました。

 

いつもは往復10キロくらいしか走ってない私が、初めて長距離を運転する事になりました。

となりに娘がいるので、強い味方で安心です。

今回は、初めての長距離ですが高速道路は娘が運転して、それ以外を私が担当する事になりました。

大阪から田辺まで高速道路で、まず近畿道から阪和道を通っていきます。

2時間ちょっとでつく計算ですが、お盆期間の休憩や渋滞を入れるともっとかかりました。4時間かかったと思います。

しかも、途中渋滞につかまり、娘が疲れてるようなので、有田付近から下の道を走ることになりました。

初めての山道運転 カーブが多くて怖かった

運転してみるとカーブだらけの山道で、対向車はくるし後ろは詰まってくるし・・

最初はゆっくり運転してましたが、迷惑かけるのでスピードもある程度はださないといけません。

隣の娘と後ろの母が、「もっと真ん中走って!」とか、

怖いーとか叫ぶので「集中したいから黙ってて!!」と私も必死でした。

でも、しばらくたつと不思議と慣れてきて、まるでゲームしてるような感じで楽しくなってきました。

のぼりや下りの坂道のカーブだらけでドキドキしたけど、ちょっと自信がついたかも。

なんとか無事に田辺に到着。

海の景色を横目に、親戚のおじさん宅へも行くことができました。

白浜のとれとれ市場と田辺の往復も運転

なんども同じところをグルグルまわりつつ、道を覚えてしまいました。

白浜と田辺の状況は「和歌山県白浜町のとれとれ市場周辺へ遊びに行きました」に書いてます。

田辺からはとても運転しやすい道でした。

大阪 田辺間 運転のまとめ

今回は高速道路は娘にまかせて、下道は私が運転するという事でした。

まだちょっと高速道路は不安です。なにがといいますと・・・

トンネルが怖いんです。

 

スピード出したままで、結構長いトンネルを走るのはビクビクして危険です。

今回 娘に教えてもらったことは

  • 高速で渋滞した時、最後尾の車はハザードをカチカチして渋滞の合図を出さないといけない事
  • トンネルでライトをつけたら、道路わきの小さい◎に反射して確認できること

そのまま消さずに走ってる車もいます。気が付かないのか?

もちろんトンネル内では追い越し禁止ですが、たまに追い越ししてる車いて怖かった。

ETCのカードを入れたけど、なぜかエラーになって使えず・・なんでか?

入れた時にエラーってしゃべってくれたので、料金所を通るときは一般のところへいきました。

もうすぐ初めての車検もあります。

お金もかかるし・・・

カーシェアリングにしとけばそんな心配もないし。

たまたま 知り合いが安く譲ってくれたので車持ってますが、もうすぐそれもおしまいにしたいなーって思ってます。

維持費が高くて、たまに運転するにはもったいないなーなんて気持ちが膨らんできてます。悩むなあ。

今更ですが、<<カーシェアリングの良さを自分の車を持って実感した