光コラボレーションとはなんぞや 調べてみた

 

自分のスマホが2年の更新時期になり 契約店で詳細を調べてもらった。Y!モバイル(旧イーモバイル)ですが、やっぱり今月中に新たに契約しないと高くなる。でも、フリーsimも考えてる最中

店員がやたらと うちのフレッツ光をソフトバンク光に変えたらお得だというのですが・・よくわからないので 家に帰って調べてみると、「転用」という形をとるみたいです。我が家は現在 フレッツ光+プロバイダは楽天なのですが ソフトバンク光ならプロバイダ料も込だそうです。

softBank光+Y!mobile ソフトバンク光+Yモバイルなら スマホの料金が月々最大5200円割り引かれるらしい。いつの間にやらYモバイルさんとソフトバンクがくっついてる。

いや 手っ取り早く株式でソフトバンクみたら 傘下にヤフーが入ってましたわ。それでかあ~やっとわかった。でも、ヤフーも光なかったっけ?あったよね Yahoo!BB光ってある。

どちらにもあるので それでややこしく感じたんですね。

ソフトバンクにいけば きっとsoftBank光+ソフトバンクのスマホを勧めてくるだろうね。

ところで 先ほど「転用」という言葉書きましたが、いつからこのような仕組みに変わってるのかを調べてみると NTTのサイトに載ってました。2014年6月に発表されてました。

NTT東西は世界最高水準の 光アクセスインフラを構築 一方で光サービスの伸び は鈍化、固定・移動融合 サービスは未成熟。

NTT東西は光アクセスの「サービス卸」をスタート 多様なプレイヤーの新たな価値創造をお手伝いする ことでICT市場を活性化 更には社会課題の解決や日本の産業競争力強化へ貢献

世界初の光アクセス「サービス卸」光アクセスの本格的「サービス卸」は世界初 幅広い分野の多様なプレイヤーに公平に提供 現行の法制度下で提供可能 (従来の接続制度下における設備等の提供も継続)

なのだそうです。ようするに NTTさんは現在のフレッツ光の通信を 他の通信事業者などに「おろしてる」ということみたいです。

まとめると以下のようです

• フレッツ光(ベストエフォートのインターネットアクセスサービス)

• フレッツ光のサービス提供形態やネットワーク設備形態を変更せずに、提供先をエンドユーザから卸先事 業者へ変えて提供するもの

• 提供品目は、フレッツ光 ファミリー/マンション等(NTT東日本が7月1日より提供予定の1Gサービス含む)

• オプションサービス(ひかり電話等)については、卸先事業者の要望に応じて検討

それで 話がややこしくなってたんですね。日本国内ではもう成熟しつつある光通信網を他の通信事業者に小分けして卸し、いろんなサービスを展開させるという感じです。

なので今後 他の事業者さん 例えばソフトバンクさんなどの サービス合戦になることが予想されます。いやもうすでになってますって。

スマホと光をまとめて すごい割引とかタブレットおまけとか・・スマホの利用料金割引など

一般の消費者には 頭がこんがらがって どこがお得なのかさっぱりわかりませんが

私の家では 今月中になんとかしないといけませんので 今月内で一番お得なところを探さないといけません 続きはまた。