震災対策の防災チェックリストを再確認、ローリングストック法で無理なく備える

いつくるかもしれない地震対策用にと、必要な物を用意しておくように言われています。

私の住んでいる大阪でも去年は震度6の地震そして、台風21号で屋根瓦が空中を舞う怖さを味わいました。

めっちゃこわかった~

地震も怖いけど、台風があんなに怖いとは思いませんでした。ほんと「また台風かい」とナメてかかってたと反省しきりです。

あれから半年が過ぎましたが、まだ青いビニールが乗ったままのおうちも多々あります。

地震も台風も被害が甚大になれば自ら乗り越える用意をしておく必要がありますので、今いちど必要なグッズと新たに買い揃えるものをチェックする必要があるかと思いました。

まず日常使っているものですぐ購入しなくてもいいものや、購入しないといけないものを明確にしておきたいとおもいます。

防災用グッズリスト

地震が広域で大規模になると、助けを期待したり救急車に頼る事が出来なくなります。最低1週間の飲料水や食べものを自分たちで確保しておかないといけません。

震災はいつ来るかわかりませんが、我が家でも早めに無理なく準備をして行こうと思います。

そこで、どれだけ揃えるといいのか、色々サイトを調べてみましたがNHKにいいのがありましたのでこちらからダウンロードしました。

NHKの防災グッズリスト

こちらの防災グッズは、家庭用、外出時用、会社用と別れています。

色違いで作れるので使いやすいなーと思いましたが、外出時用を普段から全部を袋に入れて持ち歩くのは無理があります。

なので自分の場合に置き換えて、最低限必要なものを考えないといけないです。

こちらは外出用の防災グッズリストです。

我が家にあるもの 補充するもの

  1. 大判ハンカチ(タオル)
  2. ポリ袋(小中サイズ2枚~3枚)
  3. 充電器(電池タイプ、蓄電池タイプ1個のみある
  4. エマージェンシーブランケット
  5. 非常食(チョコ、シリアルバー)
  6. ホイッスル
  7. 帰宅支援マップ
  8. 水(500ml1本)
  9. 常備薬
  10. 口腔ケア用ウエットティッシュ(携帯タイプ10枚)
  11. 乾電池
  12. 携帯トイレ(3回分)
  13. ヘッドライト⇒スマホで代用可
  14. 携帯ラジオ

この中でいつもバッグに入ってるものは、ハンカチ、ポリ袋1枚、非常食、ペットボトルのお茶、スマホ、あとお財布とリップくらい。

外出先で困るのは、スマホの電池切れとトイレが頭に浮かびました。

あとは我慢できるけど、情報がわからなくなることトイレに行けなくなる事は大問題です。

スマホがあれば情報はネットで知る事ができます。自宅に帰れたら電池もあるし

購入すべきは、スマホの蓄電池タイプの充電器と携帯トイレですがトイレは最低限1回分でもいいのではと思いました。

スマホの蓄電池タイプのものは、重いと不便なので可能な限り軽いものを購入します。

家庭用の防災リスト

我が家にあるもの 補充するもの

現金 

通帳、印鑑 カード(夫用と私用で別に袋を用意する)

ロープ

ヘッドライト

乾電池

口腔ケア用ウエットティシュ 100枚入り3本程度

携帯ラジオ

ポリ袋(大、中、小 各50枚程度)

皮手袋⇒軍手がある

歩きやすい運動靴

LEDランタン⇒100円均一のLEDライトが使える

水(1日2リットル×7日分×家族分)21本中12本購入済み

非常食(4~5日分)

リュックサック

救急セット

カセットコンロ ボンベ(18本)

ヘルメット⇒サイクリング用のがある

簡易トイレ(60~70枚)50個購入済み

震災用トイレ震災用に簡易トイレセット購入したが、それよりもっといいもの見つけた

サランラップ(3本)お皿にしく他⇒大2本、小2本

非常食の新たな備蓄法「ローリングストック法」

ローリングストック法とは

震災対策で最低限必要なものといえば、水と簡易トイレ、カセットコンロとボンベ、そして非常食かなと思って買い揃えてました。

そして賞味期限が来たら、食べて新しいのを購入するといった具合で回してましてました。

これは、ローリングストック法というやり方で、長期保存食だけに頼らず普段から非常食を食べて、また補充するというやり方です。

ローリングストック方とは
日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食が備蓄されているという、まさにその名の通り「食べ回しながら備蓄する」という方法。

我が家は3人家族で自営業の夫と私と成人した息子がおります。娘は嫁いでますので別世帯です。

3人だと水は6本入りを2箱あるけど、これで足りるのかなー?夫はこれくらいでいいと思ってますが・・・

カヨ

でも、ほんとに十分な量があるかどうかわかりません。
ただなんとなく買ってただけです。

ケイコ

1日~2日は冷蔵庫の中にあるものから食べていきますが、その後はレトルトや缶づめとカップヌードルやラーメンなども食べて行こうと思います。

まず電気やガス、水道が使えないという事が考えられますので、保存食や保存水を使ってどんな食事ができるか試して見たいと思います。

サバ缶震災時に備蓄食材でつくるポリ袋クッキングについて調べてみた 震災用トイレ震災用に簡易トイレセット購入したが、それよりもっといいもの見つけた