台風や地震対策の為、早めにやっておきたい防災対策と必要なものまとめてみました。

地震時の便利グッズ

つい先月、大阪に震度6が来て怖い思いをし、そのすぐあとに台風21号で瓦も飛んて大変な事になりました。

我が家の地域は幸い停電がなかったので、よかったけど今まで台風の事をそんなに重要視してなくて反省しました。

カヨ

あんなに怖いものだとは思いませんでした。
それがまたくるとはなんで

ケイコ

それで、絶対必需品だと思うガスコンロを買うために、イオンまで行くことにしました。別に、イオンじゃなくてもコーナンでもよかったんですけどね。

それが、在庫2個しか残ってないと言われて焦りました。

こんなことなら、日頃から着々と準備すればよかったと思いまして、必要なものこれからそろえるものなどを紹介していこうと思います。何かのお役に立てればと思い記事にしました。

まずライフラインが止まった時に、代替えになるものを集めてみました。

ガスが止まった場合

ガスの代わりになるもの

 

ネットならまだありそうですね。

この前の大阪の地震では、停電になって電気が使えないところや、水道が使えないところもたくさんあったみたいでした。ガスコンロに使うカセットガスも忘れずに

イワタニ カセットガス オレンジ 3本組 CB-250-OR

電気が止まった時

モバイルバッテリー

アウトドアの趣味がある方なら、車中泊で電気毛布を稼働、暖かい毛布に包まれて眠れます。

電気があれば、スマホを充電したりパソコンで情報収集ができます。

こんな事に使えます。

ポータブル充電器

ポータブル充電器

公式サイトはこちらから

家具転倒対策

家具転倒防止突っ張り棒

家具が倒れないようタンスの上には突っ張り棒をしてます。見た目がすごく悪くて、最初嫌だったのですが命には代えられないと思うようになって、ネットで注文して数年前につけてます。

ホームセンターにも売ってますが、一個が大きいので家中の分を買うとすごく荷物が大きくなります。

なので、こういう時こそネットで買って配達してもらう方がいいです。

これを10か所とりつけました。

こちらの商品の口コミ

今年6月の北大阪地震があって急遽、妻の実家の家具転倒対策の為に突っ張り棒を探しにホームセンターを廻りました。しかし同じ考えの方が多くどの店も品切れだったので、通販(amazon)で購入する事にしました。
先ずはアイリスオオヤマ製を観たのですが、レビューで棒の連結ネジの不良品があったというのがあったので、アイリスオオヤマは辞めにして、平和伸銅製にしました。

我が家はマンションなので釘をうてなくて、これしかできませんでした。ちなみに実家は直接柱に釘で打ってるので完璧です。

でも、家自体が倒れたらどうしようもありません。

最近新しい場所につけた時、前に設置したものをチェックしたら、なんと緩んでました!!

設置した時にしっかり確認したつもりだったのですが、つけ方が甘かったのかもしれません。確認して良かった。

扉開閉防止

扉が開いて中のものが飛び出さないようにしてます。大きい扉には上下つけました。見栄えはよくないですが、命を守るほうが大切です。以前はかっこ悪いなあーって思ってましたが、地震があちこちで起きるようになってからは、そんな事思わなくなりました。

やって失敗したこと
つける時は裏についてるテープをはがしてつけますが、何度もつけたりはがしたりすると強度が弱くなるので一度で張り付けましょう。扉の上の方に取り付けたので、開けにくかったです。見た目わるいけど真ん中につけた方が普段の開閉が楽です

ガラス飛散防止

もし割れたガラスが飛び散ると危険なので、我が家には別のものですが貼ってあります。

NHKの地震のドラマでもありましたが、地震がおさまったあと割れたガラスで足を切ってしまい、その後高台へ避難する時とても大変そうでした。

混乱した中では治療もしてもらえるかどうかわかりませんので、とにかくケガはしない方がいいです。

 

ラジオ、スマホ情報収集用品

携帯ラジオ

これは市からもらったラジオがあるのですが、もっと便利なものがありました。

電池が無くなった時に、手回しできるものです。

トイレ対策

携帯用トイレ

水が止まると一番困るのがトイレです。

一応お風呂に水を張ってありますので何回かはそれで行けると思います。でもそれもダメになったら、これを使おうと思います。これで足りなければ、実家に父が使っていた大人用の紙おむつが残っているので、それも使おうと思って処分しないで置いてます。

  • 普段からお風呂の水をためておく
  • 非常用トイレセット
  • 大人用紙おむつ →→これで頑張る

この商品の口コミ

凝固剤(ポリマー)があっても、排泄後すぐに固まらないので「大丈夫かな?」と思っていましたが、しばらくして外側から触ってみると、ゲル状になっていました。1袋に3~4回尿を排泄してもいけます。病院や施設では紙おむつを利用しますが、すぐにゴミ箱が山盛りになってしまいます。しかしこれだと、必要最小限のゴミで済みます。災害時にはごみの収集もありませんし、1カ月以上家に保管しておかなければならないため、匂いが漏れ出ないことは重要です。

重いもの運搬対策

レジカゴリュック

重いものを入れて運ぶのに、とても便利なリュックです。

このリュックの特徴は丈夫でたくさん運べる事です。ライフラインが止まれば一番困るのは水です。例えばマンションであれば水を持って階段を上り下りしなければいけません。両手だけではたくさん持てませんが、これなら、2リットルの水が6本運べます。

他にもたくさんの荷物を持って移動しなければいけないかもしれません。リュックだと両手が空くので物がたくさん運べます。

フェリシモ「コレクション」

水などは日常でも使ってますので、賞味期限をみながら常備してます。食べるものは巨大地震クラスになると1週間以上用意しないとダメかもしれないので、多めに用意しようと思っています。

缶詰やレトルト食品は、いまのうちに一度試食してみておいしかったら大量買いしようと思ってます。次回おすすめの保存食糧を書きたいと思ってます。

保存食も、何もないうちに一度味見して好みのものをそろえようと思ってます。そちらも記事にする予定。